So-net無料ブログ作成

三重県熊野市.丸山千枚田 [風景]

和歌山県の隣接県、三重県熊野市紀和町にある日本最大級の棚田 丸山千枚田 景観は日本一とも言われ約400年前には2,240枚もあった田畑が後継者不足などから減少し、現在では1,340枚を維持していると公表されています。
後継者不足は現在も続いているが景観維持を続ける一助として丸山千枚田オーナー制度も実施され、毎年100組を超えるオーナーが登録し、田植えや稲刈りなど都会の住民との交流と棚田保全活動が行なわれています。
私が行ったのは田植えが済んで約3週間の日曜日 植えられた稲も既に株を張り元気に育っていました。交通の便は良くないがさすが千枚田と言われるだけあって他府県の各地から見学に来ているお客さんが沢山いました。約20人位と思われるライダーも列をなして走り廻っていました。

1-19.06.24 丸山千枚田-1.jpg
         ↑ ↓ ↓  道路脇展望台から見た丸山千枚田の大部分
もっと見晴らしの良い展望台が山の上にあるのですが急な山を約40分登る必要があるので今回は登
れませんでした。

1-19.06.24 丸山千枚田-2.jpg
1-19.06.24 丸山千枚田-3.jpg
1-19.06.24 丸山千枚田-4.jpg
               ↑  丸山千枚田の展望台(道路脇)
1-19.06.24 丸山千枚田-5.jpg
1-19.06.24 丸山千枚田-7.jpg
             ↑  オーナーのお名前が表示されています
1-19.06.24 丸山千枚田-6.jpg
             ↑  千枚田の中で休憩しているライダー
1-19.06.24 丸山千枚田-8.jpg
           ↑  千枚田の真ん中にある大きな岩、車は私のマイカー

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園]  一昨日の収獲 : キュウリ  モロッコインゲン  トマト  ミニトマト

1-19.06.24 一昨日の収獲.jpg

nice!(75) 
共通テーマ:日記・雑感

瀞峡とジェット船 [風景]

今回ドライブの主目的地、三重県南部の棚田と和歌山県の飛び地 北山村の筏下りに向かう途中になる観光地、瀞峡の近くを通りますのでしばし休憩を兼ねて立ち寄ってきました。

和歌山県と三重県境を流れる熊野川の支流 北山川の瀞峡(ドロキョウ)。和歌山 奈良 三重 3県の県境にある秘境の大渓谷。この秘境を全国的にも珍しいウォータージェット船 (昔はプロペラ船だった) で観光できます。
ジェット船の乗降場所は世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道の途中 新宮市志古、時速40Km/h のスピードで往復約2時間 (絶景地点で20分間の下船観光を含む) 壮大な断崖奇岩の絶景を楽しめます。ジェット船の便数は年間を通して9時30分から1時間毎に1日6便です。
世界遺産になった熊野3山 (熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社) へのお詣りや熊野古道を歩かれる方が多くなっていますが、その道中でもあり是非行程に組入れてほしい観光地です。
観光してみようと思われる方は河川の状況、荒天などに左右されますので前日までに問い合わせして予約などされた方が良いと思います。 問合わせ先 熊野交通 TEL 0735-22-5101

1-19.06.21 ジェット船瀞峡-1.jpg
          ↑  和歌山 奈良 三重 3県の県境にある秘境の観光地 瀞峡 (ドロキョウ)
1-19.06.21 ジェット船瀞峡-2.jpg
                                    ↑  瀞峡を行くウォータージェット船
1-19.06.21 ジェット船瀞峡-3.jpg
          ↑  瀞峡に向かうウォータージェット船、時速40Km/h

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園]  ジャガイモの収獲 : 晩生のジャガイモですが茎が枯れましたので一昨日収穫し
                 ました。例年どおり先ず先ずの収穫です。

1-19.06.21 ジャガイモ収獲.jpg


nice!(107) 
共通テーマ:日記・雑感

田植えが終わった棚田 (あらぎ島) [風景]

全国棚田100選の1つ、和歌山県有田川町の「あらぎ島」当方のブログで何回かご紹介していますが、5月12日の親子稲作体験教室の田植えに始まり下旬には全ての田植えが終わりました
このあらぎ島、大きく蛇行する有田川に沿って出来た台地に54枚の棚田があり、6軒の農家が共同管理し見事な景観を保っています。珍しい地形から現地を訪れるお客さんが多く、町としても全体の景色がよく見える無料の展望所や駐車場をつくり便宜を計っています。町や農家ではこの素晴らしい景観保持を維持して行くのに大変苦労しています。カメラマンの中には間近で見たく棚田の畦に入る人があるそうですがこれだけは絶対しないでほしいと話しています。カメラマンとしてのエチケットを守りましょう。
親子稲作体験教室で田植えに参加した人は秋の稲刈りにも参加することができます。

1-19.06.06 あらぎ島-1.jpg
       ↑  田植えの終わった有田川町の棚田「あらぎ島」全景.展望所から
1-19.06.06 あらぎ島-2.jpg
              ↑  展望所から望遠レンズで
1-19.06.06 あらぎ島-3.jpg
                  ↑  説明図
1-19.06.06 あらぎ島-4.jpg 1-19.06.06 あらぎ島-5.jpg
       ↑  展望所              ↑  朝日夕陽100選の標識
1-19.06.06 カラー.jpg
             ↑  展望所の周辺で見付けたカラー
1-19.06.06 ブラシの木.jpg
            ↑  棚田のある集落で見付けたブラシの木の花

nice!(97) 
共通テーマ:日記・雑感

新緑と石楠花の高野山 [風景]

10連休のGWが済んだ5月7日新緑と天然記念物に指定されている石楠花(シャクナゲ) を求めて高野山に行ってきました。
ご存知のように高野山は標高約900m の山上に開けた宗教都市です。寺院は総本山の金剛峯寺をはじめ117ヶ寺、旅館ホテルが無く宿坊が52ヶ寺 どこを歩いてもお寺ばかり。そんな高野山は昔は避暑や学生の林間学校として夏場に賑わったのですが近年は外国のお客さんが増えたことと併せ春は新緑、夏は避暑、秋は紅葉、冬は寺院への積雪風景などで四季を通してお客さんが来られるようになり特に週末や連休には渋滞や駐車に苦労する状態になっています。また、宿坊に泊り精進料理をいただいたり、30万基とも言われるお墓 特に戦国武将のお墓を尋ねて奥の院まで散策するのも人気があるようです。

私は地元の和歌山県に住まいしていることもあって毎年秋の紅葉時期に行くことが多いのですが、今回は新緑と石楠花の季節にと日帰りで行ってきましたが流石10連休明け、外国のお客さんはよく見掛けましたが国内のお客さんの少なかったこと、こんな静かな高野山も始めてでした。
私がお参り散策したのは総本山金剛峯寺、国宝 重文が多い金剛三昧院、高野龍神スカイラインの一部。でも天然記念物に指定されている樹齢450年にもなる大石楠花は4月の低温とやや日陰になっていることから開花が遅れており残念だったのですが、日当たりの良い石楠花と新緑は丁度見頃で、静かな山内をゆっくり散策し早い時間に帰宅しました。

1-19.05.13 新緑の高野山-1.jpg
                ↑  総本山金剛峯寺の山門
1-19.05.13 新緑の高野山-2.jpg
                 ↑  石楠花の花
1-19.05.13 新緑の高野山-3.jpg
             ↑  紅葉の名所になっている蛇腹路の新緑
1-19.05.13 新緑の高野山-4.jpg
                 ↑  根本大塔付近
1-19.05.13 新緑の高野山-5.jpg 1-19.05.13 新緑の高野山-6.jpg
          ↑  高野山のマスコットキャラクター「こうやくん」
1-19.05.13 新緑の高野山-7.jpg
                 ↑  金剛三昧院
1-19.05.13 新緑の高野山-8.jpg
        ↑ ↓  金剛三昧院境内の石楠花(これは天然記念物ではありません)
1-19.05.13 新緑の高野山-9.jpg
1-19.05.13 新緑の高野山-10.jpg 1-19.05.13 新緑の高野山-11.jpg
    ↑  高野龍神スカイライン          ↑  高野町にある大滝
1-19.05.13 新緑の高野山-12.jpg
               ↑  山々の新緑も綺麗
1-19.05.13 新緑の高野山-13.jpg
               ↑  高野山から見る紀伊山地の山々

nice!(105) 
共通テーマ:日記・雑感

奈良県.又兵衛桜と吉野山の桜 [風景]

いつもお世話になっている理髪店のご主人から又兵衛桜 (マタベェザクラ) が満開だよと情報をいただき
ましたので、4月9日早朝4時に自宅を出発し、日の出前に現地に着く予定で奈良県宇陀市本郷の
又兵衛桜を見に行ってきました。
又兵衛桜は戦国武将.後藤又兵衛ゆかりの枝垂れ桜で、樹齢300余年、樹高13m、幹周3m、何より
見事な枝振りでカメラマンの間では知らない人がありません。この日も四国や名古屋から夜明前に
駆けつけた人が何人かいました。満開になると水が流れ落ちる滝のように見えることから「本郷の
滝桜」という異名ももっています。
この日はいいお天気で70~80人と思われるカメラマンが押しかけ、夜明けとともに朝日が桜に差
し始め色の移り変わりを楽しみながら盛んにシャッターを切っていました。

この日は早朝に出かけたので時間があり、比較的近い室生寺にもお詣りしてきましたが、石楠花が
まだ咲いていなく寂しいお詣りの後、帰り道になる奈良吉野山の桜を見るため立ち寄りました。

吉野山に着いたのはお昼前でどこも殆ど満車の状態、遠い臨時駐車場に車を停め、歩くこと1時間、
中千本に辿り着きましたが観光客の多いのに酔ってしまい、ほどほどに引き返しました。
ここの桜は山の高低差で下千本、中千本、上千本、奧千本の順で満開になっていきますので、今月
下旬頃までこんな人出が続くのではないかと思います。ここでのお花見は電車で行っても、マイカ
ーで行っても、現地ではかなり歩く覚悟と服装で行くことが必要です。

1-19.04.13 又兵衛桜-1.jpg
                ↑  又兵衛桜.朝日の差し始め
1-19.04.13 又兵衛桜-2.jpg
               ↑  又兵衛桜.桜の木全体に朝日が
1-19.04.13 吉野山中千本の桜-1.jpg
               ↑  吉野山の桜.中千本付近
1-19.04.13 吉野山中千本の桜-2.jpg
             ↑   吉野山の桜と金峯山寺蔵王堂

nice!(138) 
共通テーマ:日記・雑感